ホーム>オイスターバーブロンブログ>渋谷のオイスターバー ブロンの牡蠣やワインにまつわるブログ>このエネルギー!一緒に感じませんか?
渋谷のオイスターバー ブロンの牡蠣やワインにまつわるブログ

このエネルギー!一緒に感じませんか?

こんにちは。BELON渋谷です。

暑い日が続きます。

うちの葡萄(ピノ・ノワール)もかなり黒々としてきました。収穫もまもなくです。

no subject

 

本日はこんな暑い日に元気を与えるエネルギッシュなワインをご紹介します。

本日から赤のグラスワインで提供を始める、

イタリアのシチリア、『エトナ』ワインです。

no subject

シチリアワインが注目され始めた90年代のシチリアワインブームから、はや20年。

シチリアワインはまだまだ注目されており、進化、深化が止まりません。

かつては土着品種の一つ『ネロ・ダヴォラ』がフォーカスされていましたが、

今では様々な土着品種が注目されています。

 

本日紹介するワインの品種『ネレッロ・マスカレーゼ』

も近年注目を浴びている土着品種の一つではないでしょうか。

 

そのオリジンも近年判明しており、

サンジョヴェーゼとマントニコ・ビアンコの交配から生まれたそうです。

なんとサンジョヴェーゼがはいっているのですね!

確かにサンジョヴェーゼの様な野性味のあるチェリーの香り。

スミレや甘草にブラックオリーブ。しなやかさ。イタリアらしさがあります。

 

この『エトナ』のワインは育ち造られる環境も独特です。

地中海に浮かぶシチリア島の火山『エトナ』の山肌で育つブドウから造られています。

標高も高い為、冬場には雪が積もることもあり、

地中海でありながら高山性気候に属するという、

まさに唯一無二のテロワールでな訳です。

 

さて、火山島のワインというとよく感じられるのが

スモーキーな香り、または石油香の様な鉱物的な香りオイリーさ

そしてエネルギーを感じるとコメントする方も多いです。

 

確かに火山島のワインらしいコメントだなー(笑)

 

と、思ったりもしますが、

特に鉱物的な香りに関しては僕も強く感じます。

 

これはなんでしょうか??????

 

 

まず、この葡萄が育つ火山性土壌は栄養素の少ない痩せた土地です。

葡萄が酵母により発酵する際、窒素が必要となります。

窒素の少ない痩せた土壌で育ったブドウは窒素成分が少なく、

これが少ないと酵母は窒素を含むアミノ酸を分解し窒素を補充するそうです。

システイン等のアミノ酸は構造に窒素を含みますが、硫黄分子も含まれています。

その為、分解されると硫黄分子が放出され、硫黄香として香ります。

ただ微量な為、はっきりとした硫黄というより、

スモーキーさや鉱物的な『ニュアンス』として感じられるそうです。

 

また、水分ストレスなどのストレスがブドウにかかるとストレス物質を分泌し、

それがニュアンスとして鉱物的に感じることもあるそうです。

個人的にスレート土壌で水分ストレスのかかったブドウで造られた

リースリングやグルナッシュなんかもこの香りを感じやすいと思います。

 

 

さて、そんなわけで、この暑い夏を乗り切る、

エネルギッシュな『エトナのワイン』!!

このエネルギーをBELON渋谷で感じてみませんか?

皆様のご来店お待ちしてます♪♬

 
                                                                                         par UTPN
 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.oysterbar-tokyo.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/601